>  > 偶然でも良かったんです

偶然でも良かったんです

その日風俗を利用したのは自分の中ではかなり偶然というか、偶発的なものだったんです。なぜならその日は平日のど真ん中。普通に考えたら、いつも週末の休前日に風俗を利用している自分にとっては平日のど真ん中に風俗を利用するというそのシチュエーションそのものがとっても珍しいものだったんですよね。でも、それが新鮮だったのも事実なんですよね。普段しないって点ではそれはそれでとても楽しいものになったんじゃないかなって思うんですよ。特に自分の中で楽しかったのは女の子よりもむしろ環境ですね。いつも風俗店に行けば待合室には多くの人がいるんです。休前日であれば同じように「明日休みだし風俗でも」と思う人が多いんでしょう。でも平日のど真ん中だったからなのか、待合室には誰もいませんでしたし、女の子も選び放題。こういった状況で風俗を利用出来るということそのものがとっても新鮮で楽しかったかなって。だから偶然だったものの、楽しめました。

疲れがたまりつつあるからこそ

本当に疲れている時って体が動かないと思うんですよ。だからそうなる前の段階でしっかりと疲れを癒しておきたいと思うので、本当に疲れるその直前位に風俗に行ってリフレッシュしています。疲れすぎていると、いくら風俗でも披露のおかげで集中力が散漫になってしまう可能性が高いじゃないですか。それはせっかくなのに勿体ないと思いますし、そもそもそこまで疲れてしまったら風俗に行こって気持ちにあまりならないと思うんですよね。だからそうなる前の段階くらいで風俗に行って気持ち良くなって。それに、そこら辺だと風俗で楽しむと体力回復にもなりますよね。リフレッシュというか、ベッドの上で横になれるんです。そこで女の子がいろいろなことをしてくれますけど、積極的休憩のような形じゃないですか。それもあるので風俗は疲れる直前のタイミングで楽しむのが、何よりも一番なんじゃないかなって思うようになりましたし、そう実践するようにしています。

[ 2016-12-29 ]

カテゴリ: 風俗体験談